建植(けんしょく)サイン

『建植サイン』は、その名のとおり、鉄柱等を地中に埋める構造となっており、看板の効果を永続的に発揮することができます。

長期的な掲示が目的であるため、耐久性・耐候性の高い材質を使用し、また、ほとんどの場合、基礎コンクリート等を設ける作業が必要です。そのため、看板の中では見た目以上に価格が高く感じられるかもしれません(ただし、そういった理由が長期的な看板の効果を生んでいるともいえます)。

導入するには、設置のためのスペース、および、設置作業に要するスペースも必要です。

価格

主に以下の項目の合計額となります。

デザイン料金について詳しくは、デザインをご覧ください。

価格例1

上図の参考価格(仕様、設置条件等により、価格は変わります)。

製作費(看板本体価格): 100,000円

この他に、設置費、諸経費、デザイン料金等がかかります。

価格例2

上図メーカー既製サインの参考価格(支柱、表示面共にアルミ。両面仕様。設置条件等で価格は変わります)。

製作費(看板本体価格): 372,000円

この他に、設置費、諸経費、デザイン料金等がかかります。

バリエーション

通常、長期の掲載を前提としておりますが、短期仕様にて、木材等の利用も可能です。

PAGE TOP